スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) スポンサー広告

Reduce-FX


こんにちはスタッフのMAROです。

今回の急落でもσ-7でピッタシ最安値的中です。




底で拾えた方、おめでとうございます。

ルールどおり3つのポジションで処理できましたね。

売りを仕掛けながら買いでもしっかり取れた方
おめでとうございます。

多数のご連絡をいただきました。



拾えなかったあなたは、今からこのブログで対処法や値動き
を再確認してくださいね。

まず、今回の暴落も10月24日の暴落の時とパターンはほぼ同じです。

今回もちゃんと下落が強くなる前兆はありましたから。

この前兆を確認できたかどうかが攻略のキーポイント。

前兆はマニュアルをしっかり読んで書いてあることに対して
過去検証をしてみれば分かるはずです。

ということで再確認していただくために対処法の一連の流れを
画像を使って説明していきますね。

ではでは。


どの通貨でも考え方は同じなので、ここではおすすめしている
ドル円2時間足チャートで説明します。

これが暴落時のチャート画像です。(見るポイントを書き込みました。)

ご覧ください。






σ(シグマ)ラインの数え方はパート9に書いてあるとおりです。

このように、今回のポイントはたった3つですが下落前にはしっかり
前兆が確認できていることがわかりましたでしょうか?

マニュアルに書いてあるチェックポイントや注意事項に従って
見送るのももちろん安全策として有効です。

こういった暴落を経験しないとマニュアルに書かれている
重大さに気付けないかも知れないですが・・・

こんな暴落時でも利益を取るためのトレードの流れとしては
紫色のラインになっている前回の基準線(93.55)から足し算引き算をして
何本かリバーシングラインを引いて、その後ルールどおりに仕掛けていれば
第二ポジションとなる91.15付近に引いたリバーシングライン
からの買い仕掛けで1ライン幅利益確定。

同時に、第一ポジションも成行き決済。

もしくはロスカットになるまで放置。(第二ポジションが利益確定で
きていれば、資金配分1の第一ポジションがロスカットになっても
トータル収益はプラスになるので。)

その後は残っている買い指値をすべて解除。

ロウソク足がσ-2にタッチ(触れた)ことで
91.80に基準線を移動。

また基準線から足し算引き算をして数本のリバーシングラインを引き、
基準線を引いた時点から値動きを見ているとσ-2にタッチしても反発が
弱い(通常であればσ-2にタッチした後はσ+圏に向かって上昇します。)

しかし、10MAに戻されて再び下落・・・下落が強い・・・ということで買い
を仕掛ける場合はσ-5、-6、-7に絞る。





10MAに戻されて再び下落した時点で成り行きもしくは
逆指しで売り仕掛けるのもありです。

前兆の確認後に売りを仕掛ける場合のポイントが分から
なければもう一度マニュアルを見てくださいね。

今回の暴落で売りしかけた場合はあまりのスピードに売り
で入れたはいいけど気付いたらかなり利が乗ってた・・・
という嬉しい驚きだったかもしれませんけど。

仕掛ける場合の手順や考え方はざっとこんな流れになります。

見るポイントさえ間違ってなければ攻略は
ぜんぜん難しくないですよね。

先ほどもいいましたが、10月24日の暴落もサブプライムも
パターンは同じです。

(10月24日の暴落も分足にしないとただの大きな陰線にしか
見えないけどきちんとσ-5、-6、-7で反転して取れていることが
確認できます。各自で過去データーを引っ張ってきて検証してください。
自分の目で見て欲しいので載せません。)

ただし、σ-5、-6、-7で反発してもこの反発が弱く今回の暴落の
ようにラインからラインまで微妙に届かない場合もありますので、
仕掛けるにしても注意が必要です。

また、一番の安全策としては、今回の暴落にも当てはまりますが、
以下のチャート画像のようなところでは見送って、売買回数は減りますが
取れるときに的確に取るやり方も堅実でいいと思います。





暴落は大小ありますがだいたい3ヶ月周期できますので最低でも
今回お知らせしたポイント(価格の動き)を意識しておいてください。

裁量の部分はデモ取引を繰り返すことでしか体で覚えれないので
何度も何度も失敗をしてその中で学んでいってください。

失敗があるから成功があるのです。

MAROはいつもあなたを応援しています。

電話に出られないときもありますが・・・(苦笑)





PS:お仕事でなかなか相場が見れない場合は、見送りのポイントでは
見送って取れるときにとっていくやり方か、ドル円で2時間足もしく
は日足でのトレードがおすすめです。

マニュアルにも書かれているので重複しますが
トレード期間の選択は重要です。



PPS:レンジではあなたもご存知のように常勝が当たり前です。

トレンドでは裁量(その時々の判断)が必要になりますが
お知らせしているチェックポイントを確認して暴騰・暴落となる
前触れさえ確認できるようになれば、トレンドも攻略ができることを
何度も何度も確認してください。

もしくは”戦いを挑まず危険を感じれば見送る”これも勝つ上での
重要な戦略です。

気になる続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓
Reduce-FX



スポンサーサイト

2008/12/18(木) 投資 トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://konan0811.blog90.fc2.com/tb.php/92-8ea89b29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。