スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) スポンサー広告

女性の薄毛対策 女性ホルモンアップによる女性の薄毛解消法・女性の発毛法




女性の薄毛の新しい対策法

自然治癒発毛法のプロ集団、日本発毛協会で鶴巻成男賞※を受賞した実力派プロの発毛士が、育毛剤などを使わずに、あなたの薄毛を自宅で解消する方法を初公開します。

※鶴巻成男賞:日本発毛協会の創設者の権威ある賞
育毛剤=脱毛剤とは?
実際に育毛剤をお使いの方には非常にショックな話しだと思うのですが、
私たち発毛のプロの間で、育毛剤は抜け毛をさらに悪化させてしまうということはもはや常識です。

「抜け毛を止めようとわざわざ高いお金を出して買って使っている育毛剤が、さらに抜け毛を悪化させるなどというのは冗談じゃない!」
そのようにお思いになるお気持ちは重々理解できます。

いまあなたがお使いになっている育毛剤。
それをティッシュでも綿でも構いませんので、充分育毛剤で湿らせて火をつけていただけますか?
たぶん勢いよく火がつき燃えますよ。

水で湿らせたティッシュや綿はもちろん火が付かないので、育毛剤を浸したティッシュが燃えているのではなく、育毛剤に含まれるアルコール分が燃えているのです。
私が実験した育毛剤はすべて火が付きました。

※実際に火を付けられる場合は安全に十分気を付けて下さい。

育毛剤の良い効果は若干の殺菌効果だけです。
毎日、育毛剤を使っている方は、
自らお金を出して、大切な髪を失うような悪習慣を毎日しているのです。

耐性とリバウンド

「でも、育毛剤を使って少し薄毛が解消したこともありますが…」
「CMなどでも回復した人がいますがあれは何ですか?」

確かに、育毛剤も一時的に育毛の効果をもたらすものもあるかもしれません。

しかし、人間の耐性とリバウンドという性質を知ったら、何故わたしが育毛剤=脱毛剤と言い切ったのかわかっていただけると思います。

耐性とは、環境の変化に耐える生物の性質で、薬や育毛剤などの反復使用によって
効果が低減するということです。
効果を持続させようとすると、薬などの量を時間とともに増やしたり、濃度を濃くしたりし続けなければなりません。

育毛剤や薬の対策の場合、
元に戻るどころか、薬害だけが残って、使用前より悪化してしまうこともあります。
このような人間の性質を考えても、長期的な視点から見ても、継続できない対策や、育毛剤・薬に頼った育毛方法というのは好ましくないと言えます。
薄毛の対策は、体からの「サイン(警告)」に気付いて、原因を排除することです。
体からのサインを無視して、育毛剤や薬に頼ることが、薄毛の対策ではありません。

気になる続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓
女性の薄毛対策 女性ホルモンアップによる女性の薄毛解消法・女性の発毛法



スポンサーサイト

2008/12/06(土) 健康 トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://konan0811.blog90.fc2.com/tb.php/26-35803d25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。