スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) スポンサー広告

競馬必勝の書~ピンク・タイフーン~




ピンク・タイフーン
はじめにお読みください

ギャンブルでお金を儲けるということ。

それが叶えばそれはとても楽なことです。
しかし、実際にはギャンブルは必ず負けるというシステムが成り立っているのが実情です。
では、絶対にギャンブルで儲けることはできないのか、と言われればそれは“NO”なのです。
競馬でもパチンコでもなんでもそうですが、闇雲にお金を投じては負けてしまいます。
逆に、理屈、つまり、十分な分析を行ってお金を投じることで勝つ可能性が増えていくのです。
ギャンブルにつきものの「予想」という行為。

これは最大の楽しみではありますが、これがあるからこそギャンブルは勝てなくなるのです。
私は元々、競馬の予想をする知識も経験もありませんが、それが幸いしてか、競馬でお金を儲けることができています。
しかし、ギャンブルでお金を稼ぐということに魅力を感じられている方や、JRAそのものをキャッシュディスペンサーの如く扱いたいと願う方にはその夢を実現していただきたいと願っております。


クレジットカード決済+銀行振込+郵便振込+コンビニ決済+BitCash対応
※無料レポートはご自由にご覧いただけます。

マニュアル総ページ数70ページ

そもそも、ギャンブルには控除率というものが存在しております。
控除率とは、胴元、つまり、競馬で言えばJRAの儲け分ということになります。
ギャンブルを運営することで儲からないのであれば、国としてそれを大切な収入と位置付けないことからもJRA自体が金儲けのために競馬を運営していることをうかがい知ることができます。
具体的に控除率は、単勝と複勝が20%。

その他の馬券では25%と決まっています。
この控除率とは、馬券を購入した瞬間に差し引かれているもので、わかりやすく言えば、表示されている馬券のオッズが既に20%なり25%が差し引かれているということなのです。
つまり、馬券がハズレたらすべての金額を持っていかれ、当たったとしても本来受け取るはずの金額から控除率分のお金が取られているということになるのです。
ですから、馬券が当たったとしてもそれは一時的に儲かっているように見えるだけで、収支を見てみると、大半の人が回収率75?80%、つまり、控除率を差し引いた金額しか回収できていないのです。
そんな絶対的な回収システムが存在している中で競馬で儲けるためには、結論として、控除率を上回るほどに馬券を当て続けなければならないということなのです。
しかし、競馬の醍醐味でもある予想という行為。

気になる続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓
競馬必勝の書~ピンク・タイフーン~



スポンサーサイト

2008/12/07(日) 競馬 トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://konan0811.blog90.fc2.com/tb.php/22-8aed3f48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。