スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) スポンサー広告

230倍率のテレビ局内定を手にした就職浪人生の秘密




不動産担保ローン※注意

このサイトは、基本的に期間限定で運営されているものであり、
さらにテレビ業界における”極秘情報”が書かれているためいつ削除されるかわかりません。
なので、まずはお気に入りに登録されることをオススメします。どうしてもテレビ局に入社したいあなたへ
はじめまして。

某テレビ局に勤める池田と申します。
私はこれから、
もし会社にバレたら自分のクビが飛ぶかも知れない。
そんなリスクを背負いながら、
あなたにテレビ局入社の極秘情報をお教えします。
テレビ局入社希望のあなた。

最後までじっくりお読みください。
● もし、どうしてもテレビ局に入社しなければならない状況になった場合
あなたなら、まずどうしますか?

一般的なテレビ局入社のための試験対策としては
上記の3つが「王道」でしょうか。

どれもが一見良さそうに見えますが蓋を開けると結局は同じです。
それは”同じ受験者と大差をつけるのが難しい”ということです。

もし、あなたが少しでもテレビ局に入るための準備をしていたり、
例えばマスコミ塾に通っているようならば、もちろんご存知でしょう。
テレビ局を目指す人はみな、一般企業志望者以上に入社試験用の対策ができているのです。

もともと成績がよいグループの中で、TOPの成績を取るのは
並大抵のことではありません。

ちなみに、私はこのような方法で周りの彼らに勝てるつもりは全くありませんでした。
しかし、私は現在テレビ局に勤めています。

”現在のテレビ局が必要とする人材がどんな人なのかを知り、
それをアピールするための”ある方法”を入社試験で実行する”
これです。

このための準備を1週間程して、
他の受験者と圧倒的な差をつけます。

そうです。この方法を実行する人が周りにいないからこそ
結果、私は”良”の判定を勝ち取り、テレビ局内定をいただくことができたのです。
もし私が、もう一度就職活動中の学生に戻ることになったとしたら
まずは、間違いなくテレビ局を第一志望に選びます。
そして、再び就職試験でこの方法をとります。

そして、年齢制限などの条件から書類選考で落ちない限り
確実に合格する自信があります。

今からこの手紙であなたにお話していく内容は、一見うさんくさそうな、そんなお話です。

ですが、読んでいくうちにそれは魔法でも何でもなく、
極めてシンプルなのに効果絶大、そして
誰でも実行可能なことだということに気が付くでしょう。

ちなみにテレビ局入社法と言っても、世の中に多数存在する多額の授業料がかかるマスコミ塾とは
全く違います。

気になる続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓
230倍率のテレビ局内定を手にした就職浪人生の秘密




スポンサーサイト
2009/01/11(日) 就職転職 トラバ(0)

「幸せをつかむ」転職術


契約社員として働き、違う職場へ移ることを何度も繰り返していたため、
はっきり言って職務経歴もひどいものでした。

転職活動に関しては、人一倍苦労したと思います。
私に転職活動の全てを叩き込んでくれたアドバイザー・・・

まずは、私がどのようにして彼と知り合ったかをお話しましょう。

私が、勢いで会社を辞めた3日後、会社から退職受理の通知が届きました。

そう思い、諦めずに転職活動を繰り返し、様々な人のアドバイスを聞き、
履歴書や職務経歴書を作って応募にあけくれました。
人材紹介会社や、スカウトサービスがある転職サイトにもガンガン登録しました。
わたし「・・・どうすればよいでしょうか?」
坂田「とりあえず今やっている転職活動の全てをやめた方がいいと思いますよ。」
そして、今まで自分を見下していたような面接官でも、
面接を進めるにつれて、私にドンドン興味を深めていっている感覚がありました。
そしてその結果、内定も複数得られるようになったのです。

信じられないかもしれませんが、これは本当の話です。
なぜ、転職活動でもさえなかった私が、見違えるような結果を出すことが出来たのか?
それは一言で言えば、転職スナイパーから教えてもらった、
“転職活動で一番成果が出やすい具体的な方法”を実践してきたからなのです。

今だから告白しますが、転職活動を始めた頃の私は、ウェブサイトや市販の転職本の内容に書かれていることを “真実” だと思いこみ、
馬鹿正直なくらい、書かれていた通りに転職活動をしていました。
また、あまり知識や情報を持たずに転職活動をし、自分が知っている狭い世界だけで
「今後の一生に影響を与える」職を決めてしまう人が多い状況に、すごく疑問を感じていました。

転職者のためではなく、自社の利益のために転職希望者を言葉巧みに転がす。
今仕事を探している人や転職(候補)者がもっともっと「転職活動」について知り、
自分にとって幸せになれる仕事探しをしてほしい!
ただこの「思い」だけで、いくつもの有名企業からのオファーを断り、
業界を敵に回してでも理想的な転職市場の創出に向け活動しているのです。

ある意味、彼がやっている事は、

転職者を食い物にしている転職産業の構造的問題を大暴露することでもあります。
しかし、
“転職者に真実を知ってもらい、それを転職活動に活かして成功してもらうこと”
これこそが坂田氏の理想なのです。

気になる続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓
「幸せをつかむ」転職術






2009/01/11(日) 就職転職 トラバ(0)

| ホーム |
Page Top↑
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。